« フォロワー数だけ割引します――Twitterビジネスの行方 | トップページ | <イラク議会選>アラウィ氏、連立協議へ 長期化は必至 »

2010年3月28日 (日)

<中国毒ギョーザ>罪名は「危険物質投与」 最高刑は死刑

 【北京・浦松丈二】中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、中国の捜査当局は27日、逮捕した製造元・天洋食品(河北省石家荘市)の元臨時従業員、呂月庭容疑者(36)の容疑について「危険物質投与罪」と日本政府に連絡した。同罪の最高刑は死刑。08年に化学物質メラミンを粉ミルクに混入させたとして中国の業者2人が09年、同罪で死刑判決を受け、執行されている。

 同罪は刑法で規定され、不特定多数の生命に損害を与えることを目的に有毒物質や放射性物質、病原体などを故意に投与し、公共の安全に危害を与える行為に適用される。重大な被害を及ぼさなかった場合は3〜10年の懲役刑だが、重症者や死者が出た場合には10年以上か無期懲役、特に社会的影響が大きかった場合は死刑となる。

 中国では過去の毒物混入事件でも同罪が適用されている。ギョーザ事件では死者は出ていないが、日本で重症者が出たことの影響がどう判断されるかで量刑が左右されそうだ。

 ◇警察庁、早期に幹部派遣

 警察庁は27日、早期に、中国へ幹部を派遣し、日本での中毒症状の被害を立件できるよう中国警察当局と協議する方針を明らかにした。

 容疑内容の詳細は不明だが、呂月庭容疑者が有機リン系殺虫剤メタミドホスを混入させたのは中国国内である疑いが濃厚だ。犯罪行為の現場が日本国内であれば、代理処罰を要請するケースも考えられるが、今回は該当しない。

 そのため、千葉と兵庫で起きた中毒症状の被害の刑事責任を追及するためには、中国警察当局が中国で発生した中毒事件と日本の被害を一括して捜査し、殺人未遂罪を適用するのが最も近道とみられる。

 その場合、千葉、兵庫両県警による共同捜査本部が国内の被害者から取った調書を提供するなどして、中国側の捜査に協力することになる見通しだ。ただ、危険物質投与罪の量刑との兼ね合いで、中国警察当局が殺人未遂での立件に前向きな姿勢をみせるかは不透明だ。【千代崎聖史】

   ☆ キャンプ道




   キャンプの生活で育てられた



   生きぬくための力



   ロマンを持った



   静かな鼓動が



   鳴り響き始めた・・・




   ただ 目の前の道をひたすらに歩く



   そこに自分の道があるからだ・・・




   この道 何の道



   それは キャンプ道



   ~ 2010年3月 公開日記より ~



   第一章 過去 にとらわれないこと




  (要旨)



   過去 を引きずらないことが大切 






   第二章 出会い とは真剣そのもの




  (要旨)



   出会いとは 真剣に望むべきもの




   相手を理解すること




   思いやりが



   自身の豊かな感性を磨くことに通じ重要なこと







   第三章 『思いやり』とは 大切にする気持ち




  (要旨)



   思いやりとは 自然に相手に対話や



   行動によって伝わるもの




   その感情は 必ずしも



   体裁 慈善やあわれみではなく



   自分が大切だから そうしている



   つまり



   自分自身を大切にしている気持ち に他ならない






   第一章 過去 にとらわれないこと




  (本文)



   お互いの価値観 や ライフスタイルの




   ミステリーにせまる最初の出会い



   しかし



   弱点が多いと思っていらっしゃる方でも



   ガッカリすることはありません



   自分の弱点を見せてしまう方が得策です



   弱点を見せている相手の方を



   可愛い と




   思わない人は まずいないでしょう



   ただし



   人の所為にしたり



   仕事に関する弱点を暴露したりするのはNGです



   ご自身のポジションをしっかり把握した上で




   弱点の多いという方でも 可愛らしさ



   自分らしさ をアピールできるのです



   自分に 自信がない という男性の方




   ぜひ自信を持って下さい



   カラ元気 という言葉が世の中には存在しますが



   カラ自信 でいいのです



   もし あたなが男性であれば




   ぜひ女性をリードしてあげてください



   いつだって 女性は自分をリードしてくれる男性に




   惹かれるものなのですから・・・




   自分のためなのだから 



   ハッピーエンドのスタートは




   何度でもできることを忘れないでください






   第二章 出会い とは真剣そのもの




  (本文)



   せいいっぱいの人は




   目前のハードルをのりこえるために




   いつも向かい風が吹いているはず



   人は生身の身体ですから



   理想 と 現実の狭間で




   長嘆することは人生の中で幾つかあることでしょう



   どんな人でも自分にしかできないことがある



   だから



   小さなことでも 自分にしかできないことを発見し



   まずそれをやり抜こうと心に決める



   勇気をもって挑戦する



   研ぎ澄されるような辛い思いをしながらも



   人生には必ず乗りこえられる道があるからです



   ひとこいしい時 気分が明るくなる



   出会いによって人は生まれ変われるのです



   だから 



   人生は楽しいのです



   出会いによって人の運命は決まります



   相手の存在を認め



   相手の立場にたって物事を考えたり



   自分が共感していることを自然に伝えたりする姿勢を



   きちんと意識するように心がけましょう



   ときには




   目にみえるものを見ないで




   見えないもの(こころ)を観ることが大切だからです



   豊かになれば 相手にはそれ以上のものを望む



   自由が束縛される



   いいお相手に巡り会えない・・・




   理由はさまざまですが 結婚に対して




   益々慎重になっているのが現状です



   出会った人がパートナーとなる?!



   会って緊張するお相手に




   「もう一度会いたい」 と自然に思えることが重要






   第三章 思いやり とは大切にする気持ち




  (本文)



   自分やお相手とのライフスタイルを



   何倍も価値ある豊かなものにするために・・・




   今 人の価値観 や ライフスタイルが



   進化し続けている・・・




   人の意識 も 行動も変わって




   自分の生活を大切にしたい と願っている



   そのためには




   お互いに協調できる人生計画をたてることや



   人生観をしっかり確認することが



   ごく自然であると考えます



   思いやりとは




   自分自身を見つめ



   そして 相手を見る 



   自分のよさ 自分らしさ を発見したとき



   人はいきいきと輝く



   だから 



   これからは自分を 過小評価するのをやめよう



   自分らしさ すでにある自分のよさを



   見ている人が周りに必ずいるのだから・・・




   - G o o d L u c k -



ご自宅の庭でキャンプをしませんか

PR 便利で面白い道具をいっぱい紹介しています!


« フォロワー数だけ割引します――Twitterビジネスの行方 | トップページ | <イラク議会選>アラウィ氏、連立協議へ 長期化は必至 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <中国毒ギョーザ>罪名は「危険物質投与」 最高刑は死刑:

« フォロワー数だけ割引します――Twitterビジネスの行方 | トップページ | <イラク議会選>アラウィ氏、連立協議へ 長期化は必至 »